2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

ディズニーワールドのピンバッジ

アメリカにとって映画がいかに生活の一部であり伝統芸、重要産業であるかを語るディズニー・ハリウッド・スタジオのピンバッジです。個人的にはMGMスタジオという名への郷愁が強いのですが・・この現ハリウッド・スタジオが完成した時のおしゃれな雰囲気は既にあったマジックキングダム、エプコットセンター(当時)がディズニーのオリジナル色でグイグイ人を引き付けるのとはやや趣きを異にし、大人の魅力、ショービジネスの魅力を含んでいました。敷地もコンパクトにまとまって移動しやすく、ストローラーのデザインの秀逸さは3大テーマパークの中でもダントツでした。ちなみに当時のユニバーサル・スタジオのストローラーはジェラシック・パークで、センスはMGMスタジオとは対極でしたが、これはこれで良かったと思います。エプコット・リゾートからフェリーを使ってのハリウッド・スタジオへの来場は絶対に日本では味わえない優雅さがありますからお薦めです。そして、もうひとつはシェフ・ミッキーのピンバッジ。ご存知のように、ここではキャラクター・ダイニングが実施されていますが夕食時はゴチャゴチャ感が出ます。朝一番の比較的、空いた時間が最高です。ただし・・勤勉な日本人はどんなに早い時間でも来店していますよ。

Img_9188_3


Img_9189_3




2012年3月20日 (火)

ディズニー直営ホテルのグッズ

ディズニー・ビーチ・クラブ・リゾート、アニマル・キングダム・ロッジのネームタグです。柔らかなゴムの感触が心地よいです。ディズニーリゾートのグッズはミッキー、ミニーに頼ったキャラクター商品だけではなく、大人の鑑賞にも耐えうるところがうれしいです。一昔前のようにディズニーリゾートホテル同士でキャラの立ったグッズを発表し合う雰囲気よ、もう一度!と望みます。

Img_9179_2

Img_9183





2012年3月10日 (土)

ウォルト・ディズニー・ワールド・40周年ファッショングッズ

ウォルト・ディズニー・ワールドのファッショングッズをご紹介。今回はディズニーワールド40周年のファッショングッズです。一番上はポストカード、左はキーホルダーとピンバッジ。右はメモ帳です。特にオーランドではピンバッジは大人気、種類も豊富です。ピンバッジに対する感覚は日本と外国ではやや異なると思われますが、日本ではお目にかかれないデザインが数多くあります。今後も衣類をはじめネール等、ディズニーワールド発のファッショングッズをご紹介します。

Img_9187_2

2012年3月 3日 (土)

ウォルト・ディズニー・ワールド・スワンのガーデン・グローブ・カフェ

ディズニー公認ホテル、スワンのレストラン、ガーデン・グローブ・カフェです。このスワンとお向かいのドルフィンは公認ホテルの中でも別格。スケールも直営ホテルにない大きさがあります。大人のホテルです。そして、ここスワンのガーデン・グローブ・カフェでは週末、土日のみグーフィー、プルート、チップ&デールがキャラクター・ダイニングにやってきます。このカフェは直営のレストランのようなゲストの密集はめったにありません。また公認ホテルの良い点である大人の雰囲気、テーブル間がゆったりしていることもお薦めです。特に見上げる壮大な円形の天井は一見の価値ありです!ガイドブック類でそのスケール感が紹介されていないのが不思議です。朝食だけではなく、パークで疲れた足を休める午後のお茶タイムを、ここで過ごすのも良いですよ。15時くらいのガーデン・グローブはほとんどゲストがいません。またキャラクター・ダイニングもほとんど予約はいりません。

Img_8520

Img_8521

Img_8524







« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »