2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月21日 (土)

ディズニーアニマルキングダムロッジの動物たち

ディズニー・アニマルキングダムロッジはディズニー直営ホテルの中では極めてキャラの立った楽しいホテルだと思います。日本には絶対にありえないホテルです。写真のようにまさに窓越しに動物がやってきます。以前にも書きましたが夜、広大な敷地内を興奮した二頭のBLESBOKが高速で走り回り、角を突き合い、「ガツーン、ガツーン」という鋭い音が響き渡っていました。その迫力は日本の動物園で接することはありえません。完全に観光化された動物風景だけを見せられるわけではないのが素晴らしい点です。動物が活発に動き回る朝や夕方にはゲストも活発!ここがホテルなのが不思議なのです。

なお、一番下の写真は早朝のホテルのフロントです。日本に帰国時、ほとんどの場合、嫌になるほどの早起きを強いられます。その時、「絶対に」ホテルスタッフはいません、一人もいません。私は、このホテルでチェックアウトしたことがありません(笑)。地上最高のサービスはディズニーにある、という人もいますが、それは日本のビジネス書の発行元が日本の価値観を押しつけたいからだと感じています。夜も明けない早朝の人っ子一人いない、動物だけがうごめく、真っ暗なアニマルキングダムロッジを強烈に後ろ髪を引かれながら、渋々、日本に旅立つ時、オーランドにしかない魅力をあらためて知らされるとともに帰るべき国がある自分をとても幸せに思います。

Img_8762_2

Img_8742

Img_8756_3

Img_8782

2012年7月14日 (土)

エプコットのスペース・ミッキー

エプコット、ミッションスペースのスペースミッキーです。アトラクション出口にショップがあり、ここは特にアメリカ人に人気です。ガイドブックには宇宙服姿のミッキーが登場している写真がよく掲載されていますが現地の方に聞くとスペースミッキーを見たと証言する人はいません。かなり特別な時にしか登場しないのかと思われます。壁に描かれた絵もここでしか見られないもの、フューチャーワールドらしい空間を満喫して下さい。

Img_8577

Img_8580




« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »