2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

オススメの本

2008年12月15日 (月)

ディズニー・ドリームの発想

ディズニー関連の出版物はいろいろあれど、経営論的に一番、冷静な本はこれではないかと。現在のディズニーの姿はマイケル・アイズナーなしには、ちょっとないと思いますが。最後は、創業者家と別れたマイケルですが、功績は計り知れないと感じます。「東京ディズニーランドは本家アメリカのディズニーランドよりも入場者が多い。」ことを最大の評価測定項目とする人々には一読をお勧めします。

Photo

2008年12月 9日 (火)

ディズニー7つの法則

これは、ディズニー・テーマパークについての紹介本ではありません。その側面もありますが、楽しく読んで学べる管理職が読むべき経営書といった感じでしょうか。

著者はトム・コネランという顧客満足についての第一人者です。

発刊されたのは今から10年以上前ですが、今読み直してもとても参考になります。いろいろな経営書がありますが、私が年に1回は読みなおす本の1つです。

オーランドへ行ってからよりリアルにこの本に書いてあることが伝わってきたように思います。

サービス業に携わっている方、経営者・管理職の立場の方、ディズニーフリークの方もそうでない方も、よろしければご一読ください。

2008年12月 6日 (土)

地球の歩き方 94 

94年版「地球の歩き方・フロリダ」です。この当時は現在の「オーランド」版は発行されておらず、フロリダ版でもメインの記事はマイアミでした。ディズニーワールドもマジック・キングダム、エプコット・センター、MGMスタジオの3大テーマパーク構成。直営ホテルで日本人客を見ることはほぼありませんでした。マジック・キングダムの近くにあった今はない、ディズニー・インはゴルファー向けのいいホテルでしたが、むしろ公認ホテルがアメリカらしく豪快・豪華で楽しかったです。ダブルツリー・ゲストクウォーター・スィートの電子レンジ完備の大きな部屋、ロイヤル・プラザの恐怖すら感じる深いプールとエントランス横のレストランのおいしいクリームシチュー。この頃、JTBの紹介本も公認ホテルの情報がメインでした。

Book_94   

Book_942_3