2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

家族で行くディズニー・ワールド

2011年1月22日 (土)

ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル

アニマルキングダムのミッキーとミニー、そしてドナルドです。ニュースによると、似たようなスタイルでの彼らがこの春、東京でも見られるとのこと、楽しみ♡ ここアニマルキングダムでは気軽に彼らに会える場所として大変、貴重です。今までの経験では、並んでも10分程度でしたが、東京では・・・はたして。でも日本人は待つことが好きですから。

Img_4227

Img_4221

Img_4206

2010年12月18日 (土)

ディズニー・ワールド・マジックキングダム新アトラクション

永遠に未完成のディズニーランドらしく今回はオーランドのマジックキングダムで現在、作製中の新アトラクションを紹介します。テーマは日本でも、いや世界でも大人気の「美女と野獣」。場所は元アリエルズ・グロットのあたり。以前、東京ナントかランドが「プーさんのハニーハント」を作っていた時、「ディズニーは夢を壊さないためアトラクション造成中の現場作業は一切、ゲストの目に触れさせないようにしています」とディズニーの厳しい管理体制を日本のマスコミやディズニーファンは称えていました。でも・・でも・・ここフロリダでは違います。ご覧の通り造成中の現場がハッキリ!私は、このおおらかなディズニー精神が大好きです。透き抜ける青空の下、高温のオーランドでは、ある程度アバウトでないと生活を楽しめません。まあ、そんなことよりも美女と野獣のヒロイン、ベルを主役とした新アトラクション「BE OUR GUEST」の来年の完成が楽しみです!

Img_4554_2

Img_4556

Img_4559

2010年12月12日 (日)

シーワールド・オーランドのスティングレーラグーン

シーワールド・オーランドでは動物たちに直接、触れ合えるアトラクションがいっぱいです。動物たちの肌触りや彼らの身体が持つ本来のパワーに触れる機会がここではたくさんあります。日本でも旭山動物園のようなスタイルが人気となっていますが、シーワールドでの動物と人間の接し方を参考にしたのは明白と感じます。今回、ご紹介する「スティングレー・ラグーン」は20年前から私の大好きなスポット。一見、何の工夫も見られない巨大な水槽ですが、ここに手を入れると・・フロリダの海で保護されたスティングレー(エイ)たちが、あなたの手にハイタッチ!をしてくれます。うそではなく、エイたちはにこやかな笑顔を見せながら接してくれるのです。エイたちは、そこに人間がいるのをしっかり認識して泳いできてくれるのです。癒されること間違いありません。時間を忘れます。なお、餌を与えることもできますが、そうすると・・それは、ぜひオーランドに行って体験してください。だからオーランドは素晴らしい!

Img_6050

Img_5979_2 

Img_6052

2010年10月 9日 (土)

獣医学の分野を志望する皆さんのためのディズニーワールド

 この数年、このブログを書いてきましたが今回は私が特別に大好きな場所です。アニマル・キングダムのラフィキズ・プラネット・ウオッチ、その中にあるコンサベーション・ステーションです。動物好きの方ならアニマル・キングダムは絶対にはずせないパークですが、ここではパーク内の動物をサポートしているラボを間近で見ることができます。手術室や様々な器具、飼育の状況・・・獣医学の方面に従事している方、進みたい方なら絶対、眼の色が変わるはずです。さらに、一番下の写真はこのパーク内の動物の餌です。動物の種類によって餌も様々な形態になっています。私が一番、感心するのは、これらの施設、展示の一つ一つに説明を担当する人間がしっかりついていることです。丁寧に話をしてくれます。動物の餌も自分の手に取って感じることができ、臭いを嗅ぐこともできます。ディズニーの世界を自分の「手」で感じることができるのです。学生の方はぜひ、見て下さい。

Img_4311

Img_4312

Img_4314

2010年9月26日 (日)

ディズニー・マジック・キングダムのパーティー

ご家族連れの方々に一押しがオーランドオリジナルのMove  It ! Shake It! Celebrate It! Street Party です。以前にもご紹介しましたが、これはパレードではありません。パレード仕立ての「パーティー」なのです。このパーティーがここオーランドのマジック・キングダムが東京とは違うということを強烈におしえてくれます。

まず、事前に場所を取る必要はありません。パーティーの一団がやってきたら、あなたの、そしてお子さんの好きなキャラクターの所へ素直にゴー! 意外なほどミッキーの周りは空いています。ちなみに写真にもあるようにチップ&ディールはとてもやさしく丁寧に子供たちと手とり足とりでダンスレッスンをしてくれます。キャラクター達の方から「もっと近くにおいで!」と手招きしてくれる、とんでもなく接触度の高いダンスタイムですから「パレード」ではなく「パーティー」とネーミングされているのです。

なお、一番人気はトイ・ストーリーチーム。ウディは大人気で、あっという間に周りは人だかりです。このパーティー、東京なんとかランドのキャラクター閲覧方式に慣れているお子さんにはショックが大き過ぎるかもしれません。1日3回、お薦めです。

Img_5574_3

Img_5584

Img_5585

Img_5575

2010年9月23日 (木)

シーワールド・オーランド

今回から家族旅行で行く時のオーランドの魅力を盛り込みたいと思います。

オーランドは決してディズニーワールドだけが楽しいわけではありません。子供連れの旅でしたら動物との触れ合いを、ぜひお薦めします。

2010年9月のシーワールドです。シーワールドはサンアントニオ、サンディエゴにもありますが、ここオーランドのシーワールドは他以上のパワーがあります。個人的には11年ぶりのオーランドのシーワールドでした。入場ゲートの風景、ワールド内のアトラクション、設備等が当然のことながらかなり変わっていました。そして魅力度は数段アップ。写真の(中)はホエール&ドルフィンスタジアムの可愛らしいイルカのショー。このショーにはイルカだけではなくゴンドウクジラやトロピカルな鳥達も活躍します。(下)は、ここシーワールドの看板ショー、「ビリーブ」、シャムショーです。巨大なシャム(シャチのこと)の迫力は文章では言い表せません。ミッキー、ミニーも勿論、魅力満点ですが、ぜひ、お子さんたちと、このシーワールド・オーランドを訪れて下さい。満足度、120%をお約束します。

Img_6064

Img_5765

Img_5896_2