2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ディズニーワールドグッズ Disney World Goods

2012年7月21日 (土)

ディズニーアニマルキングダムロッジの動物たち

ディズニー・アニマルキングダムロッジはディズニー直営ホテルの中では極めてキャラの立った楽しいホテルだと思います。日本には絶対にありえないホテルです。写真のようにまさに窓越しに動物がやってきます。以前にも書きましたが夜、広大な敷地内を興奮した二頭のBLESBOKが高速で走り回り、角を突き合い、「ガツーン、ガツーン」という鋭い音が響き渡っていました。その迫力は日本の動物園で接することはありえません。完全に観光化された動物風景だけを見せられるわけではないのが素晴らしい点です。動物が活発に動き回る朝や夕方にはゲストも活発!ここがホテルなのが不思議なのです。

なお、一番下の写真は早朝のホテルのフロントです。日本に帰国時、ほとんどの場合、嫌になるほどの早起きを強いられます。その時、「絶対に」ホテルスタッフはいません、一人もいません。私は、このホテルでチェックアウトしたことがありません(笑)。地上最高のサービスはディズニーにある、という人もいますが、それは日本のビジネス書の発行元が日本の価値観を押しつけたいからだと感じています。夜も明けない早朝の人っ子一人いない、動物だけがうごめく、真っ暗なアニマルキングダムロッジを強烈に後ろ髪を引かれながら、渋々、日本に旅立つ時、オーランドにしかない魅力をあらためて知らされるとともに帰るべき国がある自分をとても幸せに思います。

Img_8762_2

Img_8742

Img_8756_3

Img_8782

2012年6月 2日 (土)

ディズニーワールドグッズ

オーランドでのグッズを久しぶりにご紹介。ここには大人向けのデザインが結構あります。日常で使っても決して恥ずかしくないものばかり。一見、ディズニーワールドのものとわからない点が良いとも思います。ショッピングするならマーケットプレースよりもエプコットですよ。

Img_7379_9

Img_7371_3

Img_7372_3

2012年3月31日 (土)

ディズニーワールドのピンバッジ

アメリカにとって映画がいかに生活の一部であり伝統芸、重要産業であるかを語るディズニー・ハリウッド・スタジオのピンバッジです。個人的にはMGMスタジオという名への郷愁が強いのですが・・この現ハリウッド・スタジオが完成した時のおしゃれな雰囲気は既にあったマジックキングダム、エプコットセンター(当時)がディズニーのオリジナル色でグイグイ人を引き付けるのとはやや趣きを異にし、大人の魅力、ショービジネスの魅力を含んでいました。敷地もコンパクトにまとまって移動しやすく、ストローラーのデザインの秀逸さは3大テーマパークの中でもダントツでした。ちなみに当時のユニバーサル・スタジオのストローラーはジェラシック・パークで、センスはMGMスタジオとは対極でしたが、これはこれで良かったと思います。エプコット・リゾートからフェリーを使ってのハリウッド・スタジオへの来場は絶対に日本では味わえない優雅さがありますからお薦めです。そして、もうひとつはシェフ・ミッキーのピンバッジ。ご存知のように、ここではキャラクター・ダイニングが実施されていますが夕食時はゴチャゴチャ感が出ます。朝一番の比較的、空いた時間が最高です。ただし・・勤勉な日本人はどんなに早い時間でも来店していますよ。

Img_9188_3


Img_9189_3




2012年3月20日 (火)

ディズニー直営ホテルのグッズ

ディズニー・ビーチ・クラブ・リゾート、アニマル・キングダム・ロッジのネームタグです。柔らかなゴムの感触が心地よいです。ディズニーリゾートのグッズはミッキー、ミニーに頼ったキャラクター商品だけではなく、大人の鑑賞にも耐えうるところがうれしいです。一昔前のようにディズニーリゾートホテル同士でキャラの立ったグッズを発表し合う雰囲気よ、もう一度!と望みます。

Img_9179_2

Img_9183





2011年12月 3日 (土)

ディズニーワールド40周年キャップ Disney World 40th cap

今年、オーランドでゲットしたキャップです。大人っぽいカラーで幅広い場面で着用できると思います。年齢層を問わないファッショングッズは勿論のこと、凝ったデザインでもファンをうならせるディズニーの商品開発能力は底知れません。

Img_8865

Img_8871

2011年11月23日 (水)

ディズニーワールドのダッフィー Duffy in Disney World

ディズニー・ワールドのダッフィー紹介です。エプコットのワールドショーケースプラザ、というよりも正面入口からまっすぐ徒歩15分(?)、ワールドショーケースが囲む湖の一番手前のボート乗り場近くにショップはあります。しかし、ダッフィー専門店として期待大だとちょっと肩すかしを味わうかも。ワールドのロゴが入ったダッフィーは少ないです。販売されている種類は他のショップとほぼ同じで、個人的に一番大好きなフューチャーワールド内のマウス・ギアでも事足りると・・なお、オーランド・プレミアム・アウトレットでもダッフィーが売っています。ワールド内のものとは勿論、違います。この次、このダッフィー人形を紹介します。

Img_7498

Img_7499

Img_8835

2011年10月30日 (日)

ディズニー・ポリネシアン・リゾートグッズ Disney's Polynesian Resort Goods

今回はディズニー直営ホテルの中でも高級クラスに位置するディズニー・ポリネシアン・リゾートに関して。以前にも記載しましたが、このポリネシアン・リゾートは日本人の感覚からすると直営ホテルの中でも一番、縁遠いポジションではないでしょうか。バリ、ハワイ、ニューカレドニア、モーリタニア等の南国風ホテルの豪華さを十二分に知っている日本人にとって、ちょっと期待が空回りしてしまうホテルではないかと・・しかし、今回、久しぶりにホテルを訪れると細かい点の修正が素晴らしかったです。客室の広さは以前からも直営ホテル中でもトップクラスでしたが、ホテル敷地内の誘導用サインシステムの増設、休憩スペースでの細かい心遣いが本当に目にとまりました。メインビル1階にあるショップも昔はドテッとした大雑把なアメリカ人向けグッズしか見当たりませんでしたが、今回は数ある直営ホテルの中でも一番の充実度だったのでは。まずはポリネシアン・リゾートのロゴ入りマグカップ、グラスをご紹介します。

Img_7437

Img_7458

Img_7452